« 2014年の008「赤×ピンク」 | トップページ | 2014年の010「魔女の宅急便」 »

2014年3月 2日 (日)

2014年の009「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」

 自主製作ながらヒットした「キック・アス」の続編。前作を気に入って、主役の二人がスライド登板、監督は他の作業で続投はしなかったけどプロデュースで残ってたので期待して観に行った。

 前作ほどの驚きはないけど、面白かった。地続きの世界なのに作品としての性質は少し異なっていると思うけど。
 見ていてゴアシーンや暴力の結末をあまり出さないせいか、バイオレンスシーンが抑えめに見える。主人公側がやられることが多かったからかも知れないが、前作はそのバイオレンスシーンを実現するためにスタジオから離れて自主製作になったので、印象がかなり違って見えた。

 それから、クロエ・モレッツのヒット・ガールとしての出演シーンが少ないのでその辺も原因かも知れない。もしかするとニコラス・ケイジ演じたビッグ・ダディほどの狂った大人が居なかったせいかもしれない。

 今作がそうなった理由はいくつかあると思う。

 クロエ・モレッツは幼かった前作から、立派な女性になって、前作のようなギャップ感で見せようとしても無理だし、狂った大人に関しては前作と同時期に公開されてこれもヒットした「スーパー!」が行き着くとこまでやっているので同じ事をしたくないという気持ちがあったんじゃと思った?今作のジム・キャリーの役は本来ならその代わりに用意されたのではと思うけど、静かな狂気はあるものの突き抜けた感じはない。

 そういう意味では物足りなく思う人も居るだろう。それは仕方ない。

 ただ、キャラクターが多く出てきてそういう活劇として、楽しめた。特にマザー・ロシアは楽しかった。言い方は変だけど明るい「ウォッチメン」だなと思った。

P.S.ジム・キャリーが公開までの間に変心したのはどうしてかは知らないけど、撮影段階からそういう気配だったのかなぁ?

「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」公式サイト
URI= http://kick-ass-movie.jp/

« 2014年の008「赤×ピンク」 | トップページ | 2014年の010「魔女の宅急便」 »

☆☆☆☆」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

原作有り」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3645/59223431

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の009「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」:

» 映画:キック・アス/ジャスティス・フォーエバー Kick-Ass 2 続くPART 3への予告編的な、PART 2。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
過激なアクションの切れ味が売りだった前作から、今回はやや内面に踏み込むPART 2。 注目のヒットガールは学生まっただ中で、まるで青春ドラマのような展開。 一方キックアスも、自分お能力のなさ加減に落ち込みつつ、正義のヒーローブームの元祖として、結果的に仲間...... [続きを読む]

» 『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』に登場しないのは? [映画のブログ]
 続編を作るなら前作よりもスケールアップさせなくちゃ、と作り手の多くは考えるのだろう。  その常套手段の一つが、登場するキャラクターの数を増やすことだ。  ヒーローとして行動しようと孤軍奮闘する少年デイヴを描いた『キック・アス』も、続編『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』ではヒーロー軍団と悪人軍団の集団戦に発展した。  キック・アスに扮したデイヴは、 スターズ・アンド・スト...... [続きを読む]

» 「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」 スーパーヒーローの覚悟 [はらやんの映画徒然草]
前作「キック・アス」は、今はもうない渋谷シネセゾンで上映していたマイナーな映画で [続きを読む]

» キック・アス/ジャスティス・フォーエバー [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
キック・アス/ジャスティス・フォーエバー 13:米、イギリス ◆原題:KICK-ASS 2 ◆監督:ジェフ・ワドロウ「ネバー・バックダウン」 ◆主演:アーロン・テイラー=ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ 、クロエ・グレース・モレッツ、ジム・キャリー、モー...... [続きを読む]

» 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」 [ここなつ映画レビュー]
言わずと知れた名作「キック・アス」の続編である。B級にも関わらず、ごっつ名作だった「キック・アス」。アメコミの馬鹿馬鹿しさと童貞男子の切なさとヒット・ガールの可愛さに、メロメロになったものだ。口コミが口コミを呼んでヒット作品となった記憶がある。しかしこの「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」。何なのだろう。単なるB級になってしまった。いや、B級にもならなかったかも。少女が大人になり、ヒット・ガールのアクションがほぼ封印され、あの胸張り裂ける哀しく切ない展開が全くなかったのだから、それも然り。旨... [続きを読む]

« 2014年の008「赤×ピンク」 | トップページ | 2014年の010「魔女の宅急便」 »

最近のコメント

無料ブログはココログ

カテゴリー

BOOK LUCK!