« 2014年の009「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」 | トップページ | 2014年の011「マチェーテ キルズ」 »

2014年3月 3日 (月)

2014年の010「魔女の宅急便」

 宮崎駿のアニメとは関係ないという話の実写映画化。自分は監督がホラーやホラーから派生したギャグ物でやってきた清水崇だと言うことが一番の興味で観に行った。

 原作からどうなのかアニメからどうなのかはよく分からない。

 とある少女の成長譚として馴染みやすいストーリーで良かったと思う。端々のお笑いシーンに清水崇らしさが有ったけど、変に思うシーンがほとんど無いし、むしろどうやって撮ったのかなとか絵面が良いなぁとか言うシーンがあって、やっぱり上手い監督なんだと再認識した。
 VFXの制作スタジオも上手いんだろうけど、良いところが安く見えないのが良い。

 最初におおっと思ったのは、冒頭の旅立ちのシーン。ほうきにまたがって上空にキキが上っていく際に次第に遠ざかる見送りの人たちの絵あれはどうやって撮ったんだろう。周りの背景はミニチュアかマット画なんだけど、飛び立つシーンからの長回しで切れたようには見えないんだけど、見送りの人とキキは別撮りじゃ無いと成り立たないよねぇ?

 それから似てることかも知れないけど、クライマックスの嵐の中着水しかけたとんぼたちを俯瞰で見ているところ、水の表現が本物っぽくて、キキをなめて下を見てるんだけど、スタジオでそこまでやる予算難しいだろうなぁと思ってみていた。

 もちろん、以下にも合成、以下にもCGなとこは有るんだけど、話の中で大事なシーン、カットで余計なことが思い浮かばない絵作りってのが上手いと思った。

 そういえばほうきにまたがって飛ぶんで、吊って乗ってるシーンが多いんだけど、そういう風に感じにくいのも良かった。キキはぽんぽん!と颯爽と飛んで、降りるとくるくるっとほうきを回してやってるんだけどあの辺の合成ぶれとかそういうのもほとんど無い。

 そういう意味でも適役な監督だった。

 シナリオは奇をてらって無くストレートで、その辺をしっかり役者がバックアップして気持ちの良い映画だった。狙った通りに劇中歌で気持ちが盛り上がるように仕組まれてるって分かっていてもグってこさせられて、陥落したのだった。

「魔女の宅急便」公式サイト
URI= http://www.majotaku.jp/

« 2014年の009「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」 | トップページ | 2014年の011「マチェーテ キルズ」 »

☆☆☆☆」カテゴリの記事

原作有り」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3645/59223916

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の010「魔女の宅急便」:

» 映画 魔女の宅急便 [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画nbsp; nbsp; ◆実写版魔女の宅急便 nbsp;  キキ役の小芝風花が、洗濯物をロープにくっ付けて飛ぶシーンは nbsp;  迫力があり、流石は実写だと思いました。 nbsp;  アニメ版は少ししか見ていなのでで、小説版との比較に nbsp;  なってしまいますが、キキが生まれたところが断崖絶壁のような場所 nbsp... [続きを読む]

» 魔女の宅急便 ★★★ [パピとママ映画のblog]
宮崎駿によってアニメ化もされた、角野栄子の名作児童文学を原作にしたファンタジードラマ。一人前の魔女になるための修行として、知らない町で1年間生活する13歳の少女キキがさまざまな出来事を通して成長するさまを見つめる。監督は、『呪怨』シリーズの清水崇。キキを...... [続きを読む]

» 「魔女の宅急便(2014)」 好きなことが魔法になる [はらやんの映画徒然草]
魔女は13歳になったら、魔女のいない街に行き、そこで1年間の修行をする。 そのし [続きを読む]

» 魔女の宅急便 [単館系]
魔女の宅急便 新宿バルト9 3/1公開 魔女の家系である少女キキ(小芝風花)は、13歳になったのを機に 魔女になるための修行をすることに。 それは見知らぬ町で、1年間だけ生活するというものだった。 黒猫ジジと空飛ぶホウキに乗って旅に出た彼女は、海辺の町コリコへとたどり着く。 やがて、パン屋の女主人おソノ(尾野真千子)の家に居候し、宅急便屋を開業する。 つらい出来事があっても、...... [続きを読む]

« 2014年の009「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」 | トップページ | 2014年の011「マチェーテ キルズ」 »

最近のコメント

無料ブログはココログ

カテゴリー

BOOK LUCK!