« 2014年の015「LIFE!」 | トップページ | 2014年の017「白ゆき姫殺人事件」 »

2014年3月27日 (木)

2014年の016「アナと雪の女王」

 元になったカイとゲルダの話は絵本で読んだ記憶しかないけど、その童話をディズニーがどうやって大作にしたてて、人気があるのか気になったので見に行った。

 分かっては居たが主人公の関係が大きく変わっていて驚いた。
 しかし、仲良かった二人の姉妹が時を隔てて「愛」に気づき合うという話。台詞をそのまま口にするとダサくなるところをミュージカルにすることで、心情や感情のぶつかり合いを非常に感動的に仕立てている。

 本作のテーマにも主人公の関係性にも、オリジナルからの変更点も、異論はあるかもしれないが見事にまとめたなぁという印象だ。

 ただ、この作品に限らないのだけど、今までアメリカ映画では嫌われていた自己犠牲がキモ、良いことだとされている作品が増えてきているように思うのだ。邦画にもその傾向が見える。

 今作では3つの明示的な自己犠牲シーンがあって、非常に感動的なのは否定しないけど、そのことが胸に去来して、素直に楽しめなかった。

 このことはとても注意しておく必要があるように思った。

 「アナと雪の女王」公式サイト
 http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/anayuki

« 2014年の015「LIFE!」 | トップページ | 2014年の017「白ゆき姫殺人事件」 »

☆☆☆」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

原作有り」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3645/59365131

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の016「アナと雪の女王」:

» アナと雪の女王 [映画的・絵画的・音楽的]
 『アナと雪の女王』を吉祥寺プラザで見てきました。 (1)本作(注1)が今度のアカデミー賞の長編アニメ映画賞(注2)を獲得したというので映画館に行ってみたのですが、上映されているのが吹替版ということもあり、館内は小さな子供連れが目立ちました。でも、歌が多く...... [続きを読む]

» 「アナと雪の女王」 真実の愛 [はらやんの映画徒然草]
予告編で主題曲「Let It Go」が流れる前半のクライマックスシーンを見せてい [続きを読む]

» 『アナと雪の女王(吹替版』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アナと雪の女王」□監督 クリス・バック、ジェニファー・リー□脚本 ジェニファー・リー□原案 アンデルセン「雪の女王」 □キャスト(声の出演) 神田沙也加、松 たか子、原 慎一郎、ピエール瀧、               津田英佑...... [続きを読む]

» 「アナと雪の女王」 [ここなつ映画レビュー]
良い作品過ぎて、鑑賞中思わぬ所で涙が。一度弛んだ涙腺は止まらず、一緒に行った息子が引く位泣いてしまった。息子曰く、「意味わからない所で泣いてる」。本当は字幕3Dで豪華に観たかったんだけど、どうしても吹き替えがいいと譲らない次男を優先しての吹き替え版鑑賞。TVCMの影響で「ありの〜ままの〜」を既に口ずさんでいる日々の彼に敬意を表して(「蟻のまま…」…人間じゃないんだ…はお約束)。元々アニメ(特にディズニー)はそんなに食指が動く方ではなかったけれど、職場の先輩が「すごく良かった」とおっしゃっていたので行... [続きを読む]

» アナと雪の女王 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
アナと雪の女王 13:米 ◆原題:Frozen ◆監督:クリス・バック、ジェニファー・リー ◆主演:クリステン・ベルアナ、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、サンティノ・フォンタナ、ジョシュ・ギャッド、アラン・テュディック、クリス・ウィリアムズ ◆STORY◆エル...... [続きを読む]

» 映画「アナと雪の女王」 [FREE TIME]
映画「アナと雪の女王」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 映画「アナと雪の女王」孤独を歌い上げるシーンは美しく哀しい。 [soramove]
映画「アナと雪の女王」★★★★DVD鑑賞 ジェニファー・リー、クリス・バック監督、 102分 2014年3月14日公開 2013,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原題/原作:FROZEN) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「過酷な運命を辿る 王家の美しい姉妹を主人公に、 凍った世界を救い出す彼女たちの 愛情と... [続きを読む]

« 2014年の015「LIFE!」 | トップページ | 2014年の017「白ゆき姫殺人事件」 »

最近のコメント

無料ブログはココログ

カテゴリー

BOOK LUCK!