« 2014年の023「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」 | トップページ | 2014年の025「キカイダー REBOOT」 »

2014年5月26日 (月)

2014年の024「ライブ」

 井口監督作は今年2発目だ。対になる「パズル」が予想外に良かったので、大変だろうなと思いながら観た。上手く原作を読ませようとするお約束な仕掛けも許される世界観を作ったのは勝ちだなと思った。

 原作はまだ読んでない。そういう意味では映画の意を汲んでない悪い観客かも知れない。が、映画は大いに楽しんだ。

 基本はいつもの井口節なのだが、新鮮な役者と井口監督の阿吽を解る役者とで良いリズムが出来ていて楽しかったのだ。あれだけ血が流れ凄惨なシーンもありながら、大笑いしてしまうし、最後にはさわやかな風すら感じるという不思議な作品だった。あの爽やかなエンディングは井口監督作では初めて感じたかも知れない。


 あと役者が好きな人が多かったのも好印象である理由かも。

 主役の山田裕貴は文句なく格好良いし、座長の自覚もしっかりしていて、好感が持てた。ゴーカイブルーのストイックなキャラとは違って切れやすいキャラだったけど、あんまり役者本人にイヤな感じを持たなかったのは、ある意味天賦の才なのかも。

 ヒロインの大野いとは「偉大なる、しゅららぼん」で認識した女優だが印象がまるで違う。調べたら色々面白い役をやっている娘なので、今後が楽しみだ。

 井口組は2度目のシンケンイエローだった森田涼花は今回もか弱いキャラをやりながら、結構えげつない性格で、淡々とやっていた。

 劇場版の仮面ライダーで新ポワトリンをやっていた入来茉里は今回も身体能力を活かしてアクションをやっていた。力を手にしたときの笑みがとても魅力的で、こういうキャラで今後ブレイクしそうな気がした。

 そのほかにも謎のラストボスを含め、多数の濃い役者が出ているのだけど、ちゃんと使い切ってる印象があるのは監督の手腕だろうか?

 それからラストバトルの競技場シーンは何故か今まで観てきた井口監督の映画とは違っていて以下にも大画面であるということが活かされた、この辺はいつものこじんまりした感じの画面だけでなく構えればこんな絵も撮れちゃうんだよと言うメッセージに感じた。
 とにかく今週で終映のところが多いようだけど、井口監督好き、あるいは個々の役者好きの人だったら観て正解だと思う。
 チャンスがあれば是非劇場で。

« 2014年の023「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」 | トップページ | 2014年の025「キカイダー REBOOT」 »

☆☆☆☆」カテゴリの記事

原作有り」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3645/59714764

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の024「ライブ」:

« 2014年の023「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」 | トップページ | 2014年の025「キカイダー REBOOT」 »

最近のコメント

無料ブログはココログ

カテゴリー

BOOK LUCK!