« 2014年の054「イントゥ・ザ・ストーム」 | トップページ | 2014年の056「私は生きていける」 »

2014年8月29日 (金)

2014年の055「ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版」

 テレビ放映の3話までの宣伝的上映を見た。「宇宙戦艦ヤマト2199」以来、こういうスタイルも有り、どういう形で宣伝していくのかは重要なことなんだろう。ちなみに放映時のオープニングやエンディングの絵はまだ無く、まとめてと言う形にしてあったが、各話のサブタイトルは入っていた。
 2、3話分は作画が格段に落ちていたので、残念だったが、面白く見てしまった。他の演出家がやると多分同じ絵面でも違って見えると思うようなシーンが散見されて、御大はまだ死なずと言う印象で何でだろうなと思いながら観ていた。

 そういう意味では不思議な魅力がある。

 ツッコミ所満載だった、こう言うとイヤに思う人も多いかも知れないが終始「説教くさいな」とか「その演出は前にやったセルフパロディか」とか突っ込んでしまったし、それ以外に素直にそう来るのかと思ったこともある。現状の原発事故、その後のエネルギー危機について物語に織り込んでいて、こういう持ち出し方もあの時代の演出家らしいなと思いながら、苦笑というか、笑っていた。

 とかくキーワードを出されてそれにあれこれ考えるまもなくストーリーを進めていくスタイルは健在だ。しかも多分だけど、そういうものにツッコむ、それを誘うように意図的に演出されているのだと最近は思う。

 それにやたらと情報がインプットされた割には、3話でもまだ全体像が解らない。パンフレットを見て成る程と思うのだけど、劇中人物と同じように見識を広め、少し外から物を見ているような感覚にさせるこの手口に、知らないうちにノせられていた。

 正直、富野喜幸は一回自分の中で死んでいる。ダンバインの後半に着いていけなかったことの裏返しなのだが急速に興味を失った。ただ、富野由悠季はまだ何か持ってるのかも知れないと思った。

 ストーリーだけでなく1話のGセルフがクラウンでベルリのせいで起動する際の絵なんかは結構グッとくる。アニメーションは絵がとても大切だ。絵コンテを切ってそれにストーリーを巧みに乗せられる、まさに匠の技。テレビ放映も楽しみにしている。

P.S. MSはこの世界でもモビルスーツで、デザインはかなり面白い。微妙に違う線が生きていて、色々面白いギミックが用意されているので、今後も楽しみだ。座席は時々交換してるのかなぁ(笑)

« 2014年の054「イントゥ・ザ・ストーム」 | トップページ | 2014年の056「私は生きていける」 »

☆☆☆☆」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3645/60228156

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の055「ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版」:

« 2014年の054「イントゥ・ザ・ストーム」 | トップページ | 2014年の056「私は生きていける」 »

最近のコメント

無料ブログはココログ

カテゴリー

BOOK LUCK!