« 2014年の078「進撃の巨人 紅蓮の弓矢」 | トップページ | 2014年の080「THE NEXT GENERATION パトレイバー 第6章」 »

2014年12月 1日 (月)

2014年の079「寄生獣」

 マンガ「寄生獣」の実写版の前編だ。

 見た段階では原作を読んでいなかったのだが、思ったより良いと思った。モーションキャプチャーを使った部分はアニメーションが上手く行ってないように思ったけど、全体的には良かったように思うし、多分間引きされてるんだろうなと思われるキャラクターは印象勝負でその役者が持っているキャラクターの劇として面白かった。

 監督が監督なので心配でしょうがないのは見終わった後もだが、少なくとも前編は楽しめた。(相変わらずな部分はあるけどキムタクヤマトよりはましだと思うの)

 何というか仮面ライダーみたいだと思った。

 敵と同じテクノロジーで敵と戦うところ、正体を味方に知られちゃいけないところなんかだ。

 お父さんが生きてると最後の話がうまくいつくれそうな気がしたんだけど・・・

ってところで原作を読んだ。映画では事件の起きる前に死んでいるお父さんは生きてたのね。この改変は他のキャラの間引きと違ってかなり致命的な気がしなくも無いのだけど、どうやって後編を作るんだろう?

 それから原作が1995年ころの風俗を使っているので、ケータイすら出てこないのはその辺の問題なんだろう(映画内時代設定は不明)。

 「寄生獣」公式サイト
 URI= http://kiseiju.com/

P.S.アニメの方も観だしたのだけど、アニメの方も泥臭い原作の絵を捨ててたのは初めて知った。キャラが違いすぎて大丈夫かなと思うんだけど、もうちょっと見てみよう。

« 2014年の078「進撃の巨人 紅蓮の弓矢」 | トップページ | 2014年の080「THE NEXT GENERATION パトレイバー 第6章」 »

☆☆☆☆」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

原作有り」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3645/60742746

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の079「寄生獣」:

« 2014年の078「進撃の巨人 紅蓮の弓矢」 | トップページ | 2014年の080「THE NEXT GENERATION パトレイバー 第6章」 »

最近のコメント

無料ブログはココログ

カテゴリー

BOOK LUCK!