« 2015年の009「アメリカン・スナイパー」 | トップページ | 2015年の011「幕が上がる」 »

2015年3月 5日 (木)

2015年の010「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

 悪人と言えるほどの悪人は最初のレストランオーナーくらいで、愚かだったり、変人だったりするけど基本、良い人しか出てこない映画だ。

 悪意のイメージがTwitterの炎上だったりするところは「白ゆき姫殺人事件」を想起するのだが、ストレス供給者としての悪人がいないのが特徴的だ。

 だが面白い。これはシナリオがよく出来ているからだと思う。

 炎上によって職を失した天才シェフが自分の基点であるマイアミからフードトラックでL.A.に戻って来つつ、自信と家族の繋がりを回復していくのだが、この天才シェフは愚かだが馬鹿じゃない。シェフとしての矜持はフードトラックであっても持ち続けていたからラストが待っている。

 その上で、ロードムービー的にはアメリカという国が広大で、いろんな文化が入り交じり、それをその場所の食で表すところなんかは腹が空いて仕方ない。

 映画を見終わったら、つい、キューバンサンドイッチが食べられるところか、レシピを検索するに違いない。

 そんなハッピーな気持ちになる映画だった。

 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」公式サイト
 URI= http://chef-movie.jp/

 ちなみにニューオリンズで出てくるカフェ・デュモンド(ドーナッツカフェ)だが以前より店舗数は減ったものの日本にも存在する。興味を持った方は是非。ここのベニエ(四角いドーナッツ)とチコリコーヒーは自分も大好きだ。

 カフェ・デュモンド サイト
 URI= http://www.cafedumonde.jp/

« 2015年の009「アメリカン・スナイパー」 | トップページ | 2015年の011「幕が上がる」 »

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3645/61233410

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年の010「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」:

« 2015年の009「アメリカン・スナイパー」 | トップページ | 2015年の011「幕が上がる」 »

最近のコメント

無料ブログはココログ

カテゴリー

BOOK LUCK!