« 2015年の024「脳内ポイズンベリー」 | トップページ | 2016年も邦画が強かったね。 »

2016年8月14日 (日)

2016年の???「シン・ゴジラ」

 1年以上間が開いてしまった。久しぶりの更新だ。
 結局現時点で5回観に行った。驚天動地のことでも無い限り、自分の今年の邦画NO.1ナノは間違い無い。

 一度だけ通常のシネスコ版を観たが、他はTCXを一回、IMAX(シネスコ版をIMAXDMR出コンバートしたと言われている)ものを3回見たのだけど、何カ所かの解りやすい場面で、TCX、IMAX版では映っているけど通常版で映っていない物が有ることに気がついた。

 理由はわからない。ただ、ほんの少しの違いだがIMAXの画面の明るさと大きさの関係でかなり印象が異なる。見ることが出来るなら、今ならTCX版、可能ならIMAX版をお勧めする。
 以下ネタバレは無いはず。
 異常に主人公に肩入れしたくなるような日本映画的な物では無かったし、巨大不明生物に対応する政府を中心とした人たちのプロセスを積み重ねて見せた映画で、その中に過去に無かったゴジラの解釈、映像の見せ方を押し込めた映画だった。映画を見ているとそこに自分ならどうする、どうすべきなのかと言うことを思い描いて観てしまう。観るたびに発見があるのはその辺りが理由かも知れない。確かに謎というかハッキリと描かれない部分が多いためにそこに大きな妄想力も働く。

 好んでみている人の多くが多分「これぞ望んだゴジラ映画」と思っているのでは無いか?とにかく今できる面白いゴジラ映画を作るためにやりきったのでは?と思わせてくれるのが嬉しい。

 怪獣映画はやはり怪獣に存在意義というか絶大な存在感が無いといけないと思っている。その一点を、その一点だけをしっかり作り上げられた怪獣映画って実はとても少ない。振り返って既に何作も作られたゴジラにその新鮮さを作り込めた手腕はやはり流石の監督なのだと思う。

 とにかく庵野監督作品で有ったし、最初のゴジラだけが持っていた特別な感じをリメイク出来た初めての作品だと思う。今までの実写で感じられた予算不足や時間不足から来るようなマイナー感は映像からは感じられなかったし、おそらく、映像面、ストーリー面、音響やあらゆる部分で最高のゴジラ映画だ。オリジナルは大事なモノで特別なモノだが、同じ趣旨で、はじめてそれを超えたのではと思う。

 ただし、自分も不満はある。ギャレス版よりは遙かにある。

 でも、それってほぼお金と時間に関わることなので、この映画は現状出来る限りのことは本当に詰め込んだ素晴らしい作品だと思っているの。あれだけのスタッフとキャスト、制作費はどれほどだろう?日本映画では破格だと思う。15億ではきかないと思う。いずれ明かされる日が楽しみだ。

 でも、あと海外でどれくらい売れるかだなぁ。日本人キャストで日本が舞台の実写映画で、見事に売ることが出来たなら、それが邦画界にとって福音となるような気がする。

 そして、今後はこれを超えないと行けないという新たな足かせが邦画界の悩みになるんだろうなぁ。

 「シン・ゴジラ」公式サイト
 http://www.shin-godzilla.jp/index.html

« 2015年の024「脳内ポイズンベリー」 | トップページ | 2016年も邦画が強かったね。 »

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3645/64058338

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の???「シン・ゴジラ」:

« 2015年の024「脳内ポイズンベリー」 | トップページ | 2016年も邦画が強かったね。 »

最近のコメント

無料ブログはココログ

カテゴリー

BOOK LUCK!