« 消えた緑の子供 | トップページ | 「逆転裁判4」2ndインプレッション »

2007.04.13

「逆転裁判4」1stインプレッション

 案の定、ヤフオクではものすごい数の「逆転裁判4限定版」の出展。良心的な設定もあるけど、争奪戦が有れば上がっていくのだから、どうもね。楽天では店に出ている段階から超貴重品とのことで2倍以上の2万円の値を付けているところもある。

 さて取り合えずプレイしてみた感想を上げよう。

 今回の第1話はプレイを理解させるために説明すべき事が多いので、大ボリューム。眠かったので、保存せずに切っちゃってもう一度やったりしたから2時間強の時間が掛かってしまった。

 それでも説明できない探偵パートの新機能などは追々出てくるのだろう。

 筋は意外な展開だが、イヤらしい展開でもある。力押しすぎる。「してやられた」感がない。

 おかげで最後の判断には同意したく無かった。(そう思うのも織り込み済みみたいだけど)

 やり続ける様にし向ける部分はいつもの通りだが、シナリオ(というかネタ)に詰めの甘さを感じるので今後不安。

 基本的には、いつものように面白いゲームだと思う。

 キャラの絡みをどう処理できたかが、この後のキモだな。

« 消えた緑の子供 | トップページ | 「逆転裁判4」2ndインプレッション »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「逆転裁判4」1stインプレッション:

« 消えた緑の子供 | トップページ | 「逆転裁判4」2ndインプレッション »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ