« 「旧怪談」インプレッション | トップページ | 特撮メモ20070715「頑張らないことに頑張って」 »

2007.07.14

「電脳コイル」#10「カンナの日記」

 中盤に入って一気にいろんな情報が展開。でも、それよりもキャラの心情が上手く描けてて、とても良かったんじゃないかな。

 合宿(という名の宿泊交歓会)での肝試しは痛み分け。イサコだけがミチコパワーでサッチーを完全に制圧する力を手に入れ、ダイチを黒客から放逐する。

 イサコの情報が少し開示される。イサコと電話をしているのは誰なのか。おねえちゃんやおにいちゃんは誰なのか。新たに謎は提示されたけど、イサコに入院しているおじさんが居ることも分かったし、案外に優しい表情のイサコのモチベーションはこのあたりにあるのだろう。

 いっぽうヤサコはハラケンのカンナの謎探しを手伝う中で思い出した「4423」の秘密も相まって、自分の気持ちを確信していく。「4423」は人の名?「よしふみ」とかの語呂合わせ?それともケータイとかの押す順番?(ポケベル打なのかなぁ)

 でもそれよりもヤサコは知ってしまった。

 居なくなってしまったカンナへのハラケンの強い想い。

 居なくなってしまったカンナのハラケンへの強い想い。

 子供にしてはと思うかも知れないけど、子供だから強く思うことはある。

 夕闇迫る中、ヤサコはハラケンを止められない。

 そしてもう一人カンナを知る?謎の人物が。

 今までで一番重い回だったなと思った。他人には大したことがないかも知れないけど、大事なことがあるってとても良いなぁと思った。

 この夏休みの期間は実時間と合わせるんだろうか?それはそれで面白い。

 次回予告確かに沈没してた(笑)次回も面白そうだ。

P.S. ダイチよ、小学生にそこまでハナゲが伸びたやつ見たこと無いんだけど(笑)

« 「旧怪談」インプレッション | トップページ | 特撮メモ20070715「頑張らないことに頑張って」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

電脳コイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「電脳コイル」#10「カンナの日記」:

» 電脳コイル 第10話「カンナの日記」 [■■テラニム日記2■■]
何だね、やっぱキラバグさ取り込むと強くなるべなw ワルガキどもには恐怖の対象のサッチーを圧倒するイサコ女王様。  お前はクビだ ダイチはどうも最初から邪魔者だったようですね…。 着い... [続きを読む]

» 電脳コイル 第10話 [出不精な俺]
今週のコイルは、いつにも増して伏線が増えてきましたね。ちゃんと回収できるのか!?祈るばかりですw ネットの噂によると、メガネが発売されるずっと前から、中津交差点は事故が多い怪奇スポットだったようです サッチーと対峙するイサコ。 前回キラバグと結合した....... [続きを読む]

« 「旧怪談」インプレッション | トップページ | 特撮メモ20070715「頑張らないことに頑張って」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ