« 面白いので貼っておこう/UNIQLOCK | トップページ | 特撮メモ20071021「見せ方の違い」 »

2007.10.21

「電脳コイル」#21「黒いオートマトン」

 続きではあるけど時間が少したっていて、新学期になっている「電脳コイル」の世界。駅向こうの学校と半年の併合という形に。

 ビルの中に学校があるってのは、都会でも珍しい。大学なんかだと結構そういうところがあったりするんだけど。小学校じゃねぇ。

 そして新しい出会いは、新しい負のストレスもつれてきた。

 タマコはクビになり、「ハラケン」はまだ回復せず、しかしあの一件の所為でイサコとヤサコはうち解けたかに見えた。元々悪感情が支配しているフミエは相変わらずだが、好転していく予感をはらんでいた。

 しかし、彼の制服集団は何者かに操られてイサコにイジメを開始する。あのピンクのミゼットはそのボスのペットマトンだった。

 アキラの情報からも消されたイサコの兄の情報。

 病院から消えた4423の病室。そして現れた法務局の黒いオートマトン。

 イサコはおそらく番組中初めて涙を流し、走り出す。

 一方、イジメから救えず、落胆していたヤサコは異変を感じてイサコを探す。

 金沢で起こったイジメに関すると思われる事件や仲が良かったはずなのに無反応に見えた友達の話、ヤサコにも闇はある。

 前回、サッチーと戦った黒いオートマトンはマークから法務局のものだったことが判明。強化サッチーをたたき伏せた黒いオートマトンに、イマーゴは残ってるものの、キラバグを使い果たしたイサコは追い詰められる。

 画面に対する集中力が上がっていて、目が離せない。猫目と彼らの黒幕が同じなのかそれとも例の"先生"とかマクガフィンなのか伏線なのか分からないものが適当にちりばめられていて、見る側を混乱させる。

 鬱展開と言えばそうだけど、バランスを取る工夫はしているし、気になるのはあれ、「メモリアル」だ。おそらくキョウコがポチッと押したと思われるあれは、何なのか。

  • メガばあの意味ありげな横顔も気になる。
  • タマコが大地に頼んだのは何だったのか。
  • 本当に投影技術でだまされていたのか。
  • ヤサコの左肩に輝いた緑の光はもしや?

 「最後のコイル」に何があるのか。

« 面白いので貼っておこう/UNIQLOCK | トップページ | 特撮メモ20071021「見せ方の違い」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

電脳コイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「電脳コイル」#21「黒いオートマトン」:

« 面白いので貼っておこう/UNIQLOCK | トップページ | 特撮メモ20071021「見せ方の違い」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ