« アサヒ飲料「ワンダ」のCMはひどすぎる。 | トップページ | 「墓場鬼太郎」はノイタミナ枠 »

2007.11.10

「電脳コイル」#23「かなえられた願い」

 NODATAと記された黒い姿。本当に願いは叶えられたのか?

 今回は大きな謎の一つイマーゴについて、イサコの告白の形で我々に明かされる。イヤなやつとして現れ、実はそうでもないと明かされ、ついにここまで来たイサコの最初の願いはアッチでお兄ちゃんと一緒に居ることだった。

 次回メガネを捨てるのはおそらく話の流れから外さざる得ない状況になるからだろう。

 しかも、猫目はミチコと契約していた、何をバーターにしていたのかハッキリとは分からないが、ミチコと約束して扉を開くことを約束していたのだ。もうすでにミチコが意識を持っていても何も不思議はない。それはここ何回かの話で説明されていることだ。

 それからイサコの兄はやはり死んでいた。

 次回予告を見るとデンスケも消えたのだろう。

 でもそれだけじゃない見えたことや知っていたことを合わせるとあれこれ考えが巡らされて楽しくてしょうがない。

 あと3回どう終わるのかが楽しみだ。

 個人的には「先生」の正体が今日の話の中で出てきた「コイルス」の社員だったりするのではと言うこと。それから存在が明かされているイサコの母がこの件に絡むのかどうか?絡むならたぶん重要なキャラなのではないかと言うことだ。

 それから気になっているのが、デンスケの表示画面に出ていたメモリアル・・・これ単に電脳ペットの死に際して送られるものではないのでは?と思っていたのだけど・・・どっちなんだろうなぁ。(ポチッとやると電脳ペットが昇天する仕組みになっているのかも知れないが)

 それから、「金沢市はざま」マンホールの件と絡めて考えると色々考えちゃうなぁ。

 本当にもう終わっちゃうのか、それが惜しくてしょうがない。

« アサヒ飲料「ワンダ」のCMはひどすぎる。 | トップページ | 「墓場鬼太郎」はノイタミナ枠 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

電脳コイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「電脳コイル」#23「かなえられた願い」:

« アサヒ飲料「ワンダ」のCMはひどすぎる。 | トップページ | 「墓場鬼太郎」はノイタミナ枠 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ