« 特撮メモ20071205「何はともあれ大葉さん」 | トップページ | 「電脳コイル」インプレッションのおかわり »

2007.12.06

「レイトン教授と不思議な町」インプレッション

 最初に断っておくけど、感想であって攻略ではない。例の記事を気にしてるわけではなくって出遅れてるんでそういうとこは他にいっぱいあるし、そもそも今の時点で攻略本が必要なほど難しくないんで不要だろうと思ってるんだけど。(後で泣き見るかも知れないが)

 色々思うことあるんだけど、なんと言っても中身はモロ多湖輝の「頭の体操」シリーズだ。このシリーズは大好きで多分全巻読破している。広義のミニパズルをストーリー仕立てでつないだゲームなのだが・・・最近なら「IQサプリ」のゲームのようなモノだ。

 ストーリーはまだ2時間位やった程度で半ばだし、多分そんな感動的ではなさそうな雰囲気だし(笑)本筋と関係ないパズルをやらせるためにものすごく強引なシチュエーションがあるし、多分、アニメだったら噴飯モノだ(笑)これはゲームならでは許せる世界観で、まぁそれもこれも込みで面白いと思わせる。

 それから、主人公の二人は大泉洋はジブリで時々声をやってるので、それなりなんだが、堀北真希が意外に上手くやってるのど驚いた。割と素に近い声なのかな?本当に最近の若手芸能人には侮れない娘が多い。はまってると良く聞こえてしまう。生身の演技はダメダメなのに・・・なんで?とか思いながら、

 しかし、レベルファイブは自分たちでこれを作れるようになったのは大きいなぁ。

 とりあえず面白いモノを作ってくれるところには、がんばって欲しいなぁ。

 英国紳士としてはね(違)

« 特撮メモ20071205「何はともあれ大葉さん」 | トップページ | 「電脳コイル」インプレッションのおかわり »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「レイトン教授と不思議な町」インプレッション:

« 特撮メモ20071205「何はともあれ大葉さん」 | トップページ | 「電脳コイル」インプレッションのおかわり »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ