« 「K-20 怪人二十面相・伝」インプレッション | トップページ | [2008雑感]特撮メモ20081229 »

2008.12.29

[2008雑感]トヨタの赤字

 経済という観点から言うと、今年も色々あった。日本の経済界では「トヨタの赤字」はかなりショッキングな話だった。前後して一気に名古屋での新幹線乗降客が減って見えたもの。自分はそう詳しいわけでは無くって、これは経済という一種の宗教のウォッチャーレベルの雑感なんだけど。

 トヨタを初めとする日本の車屋さんは(海外も同じかも知れないけど)、先に支払額を確定させてから、物を作って販売するのがビジネスモデルになっている。まぁじゃっかんの例外はあるかも知れないが、一括キャッシュで払うのはどこぞのお大尽ぐらいで支払いが先になっても、そのまま指定のローンを組んだりするんだろう。

 デフレの世界では物の値段が先には安くなるので、先に金を貰ってそれから材料調達して作ると必然的に利ざやがでかくなる。インフレでは赤字になる可能性さえある。ソコが今回のミソだと思う。

 もっとも今のインフレは全然見た目だけインフレでデフレベースなんだけど・・・

 何が言いたいかというと、車屋はデフレベースの世界では余計に金を購入者に払わせるビジネスモデルを行っていたと言うこと。資材関係でコレが逆転すると簡単に赤字体質になるような実際は脆いビジネスモデルじゃなかったかと言うことだ。

 そのことの方が根が深い。家やマンションも同じだ。高額商品はすべてそんな問題抱えている。と言うことは高額商品はこの先しばらく間違いなく脆弱なビジネスモデルだと言うこと。

 まぁもっともその基礎体力の部分を疲弊させたのは、同じ根っこの問題なわけだけど。商売方法を変えていくことも考えないと負のスパイラルに入らざる得ないと言うことだ。

 トヨタの従業員が給与が安いったってそのほかの会社の方がもっと少ないよ。そういたところで商売するならどうしたらいいのかMBA出身の頭のいい人たち(笑)そろそろ本気を見せてください。

« 「K-20 怪人二十面相・伝」インプレッション | トップページ | [2008雑感]特撮メモ20081229 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3645/43567153

この記事へのトラックバック一覧です: [2008雑感]トヨタの赤字:

« 「K-20 怪人二十面相・伝」インプレッション | トップページ | [2008雑感]特撮メモ20081229 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ