« 2010年観た観たい映画リスト 第03版 | トップページ | 特撮メモ20100705「可愛かったクレイドールを返して(笑)」 »

2010.06.26

「GHOSTTRICK」インプレッション

 毎度の事ながら、攻略ではなく感想だ。

 とてもゲームらしい良いゲームだと思った。

 まあ次回作も出来るようなあざとさとかも無いわけではないんだけど、オレはこれで良いと思った。

 巧舟の「逆転裁判」もそうだったがケータイゲームだからこそのリアリティとゲーム性でぐいぐい進ませる。ゲームの考え方はシンプルで悲しい出来事も結果的には回避できるようになっているので、安心して挑めるのも良いところだろう。

 ゲームだからこそと言うのは本当に3Dの空間であればこんな事は成り立たない。奥行きのない世界だからこそ繋がっていけるとか、何というかドリフの舞台のような感じとゲームの中でも明示的に使っているピタゴラスイッチな感じがとても心地よいのだ。

 ストーリーはタイムパラドックスに負けて矛盾というか釈然としないところが残るんだけど(笑)

 でも、「逆転裁判」一本ならネタで偶然出来てしまったかも知れないけど、これを作ったってことは巧舟は本当に見事なゲームクリエイターだなと上から目線で思った。

 「逆転裁判」の最初の一本で”マコ”にやられた人にはおすすめ(笑)

« 2010年観た観たい映画リスト 第03版 | トップページ | 特撮メモ20100705「可愛かったクレイドールを返して(笑)」 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「GHOSTTRICK」インプレッション:

« 2010年観た観たい映画リスト 第03版 | トップページ | 特撮メモ20100705「可愛かったクレイドールを返して(笑)」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ