« 「十三人の刺客」(2010)インプレッション | トップページ | 特撮メモ20101003「大当たりの半年」 »

2010.09.27

木原浩勝プロデュース「大怪獣サミット緊急番外篇」 公開間近!!新作特撮怪獣映画『デスカッパ』の魅力に迫る! インプレッション

 この世にはまだまだ知らないことがいっぱいだ。

 TWITTERのタイムラインで見かけた「デスカッパ」のイベントに行ってきた。

 総合司会兼プロデューサーの木原さんが来ていないズンドコ状態で(ダブルブッキング(笑))、しかも映画はまだ公開されておらず、予告編だけでしかも試写会ですらないわけだから、どうなるのかなと言う感じで見に行ったのだが作り手側も手探り感ありありのスタートだった・・・。

 結局「素晴らしいイベントでした」とは口が裂けても言える状態ではないが、その状態こそが「デスカッパ」そのもの!魅力じゃないだろうか?とも思う。

 個人的に良かったとか受けたのは、

 まず木原浩勝ってこんなことまでやるんだ(笑)ってこと。オレの知ってる木原さんは怪談の人。前に観たのは「怪談の怪」で東雅夫さんと怖い話をしてるところで、個人的にはこちらからのつながりでみてる。

 でもまぁあの頃は東さんがこんな人とは知らなかったわけで(笑)思い返すとありなのかとも(笑)

 それから平田弥里はやっぱり可愛いねぇ。写真や映像上の彼女にはあまり興味がない。人気のある特撮女優という感じなんだけど。実際に観るとかわいさが違うんだよね。

 あと、毒蝮三太夫を毒蝮!蛇!と呼ぶ桜井浩子(笑)「そんなに毒舌だったんですっけ?」と突っ込まれて、この話。確かに(笑)と納得してしまった。

 DVDの得点になるのかどうかも分かっていないメイキングはコメンタリー形式で情報が付与されて面白かった。実際の映像であれがどうなるのかと思うと楽しみだ。

 前の嫁さんにエド・ウッド呼ばわりの監督

 後カッパ使い回し(観たことあるカッパだと思ったら本当に使い回し)だった。

 基本的に映画は怪獣映画。いわゆるバカ映画仕上げのようなのでいけたら是非生きたい。

 映画はシアターN渋谷で11月27日から12月17日までのレイトショーで公開。

 シアターN渋谷の「デスカッパ」のページ
 <http://www.theater-n.com/movie_deathkappa.html

 「デスカッパ」映画公式ブログ
 <http://deathkappa.seesaa.net/

 海外版「デスカッパ」予告編
 

 なお、何となく昨日の特別予告編で予測がつくんだけど、日本版は多々アメリカ版と違うそう(笑)でその辺も楽しみだな。

 なお、「デス“カ”ッパ」であって「デス“ガ”ッパ」じゃないんで(笑)まあ昨日イベント会場でチラシもらうまで気がつかなかったんだけどね(笑)

« 「十三人の刺客」(2010)インプレッション | トップページ | 特撮メモ20101003「大当たりの半年」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

妖怪」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「十三人の刺客」(2010)インプレッション | トップページ | 特撮メモ20101003「大当たりの半年」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ