« 「サルベージ・マイス」インプレッション | トップページ | 「宇宙戦艦ヤマト2199 第1章」インプレッション »

2012.04.02

「ドライヴ」インプレッション

 色々ノミネートとかカンヌの監督賞とか取っているので、映画の日価格で急に興味が出て見に行ったが、ちょっと誉められすぎかな?と言うのが率直な感想だ。

 しかし、悪い映画じゃない。

 ある男が浮気相手の旦那を助ける羽目になり、そしてついには・・・と言った風なのだが、筋も男がずれていく様も使い古された感じで、全体的に古くさい印象が漂う映画だ。
 ただ、カルフォルニアの大都市が舞台でありながら、「ノーカントリー」のような僻地の荒廃感もあって、これが今の病めるアメリカという感じはした。人種問題や移民の問題も表だっては出ないが、感じさせられる。

 役者は一癖も二癖もある良い役者ばかりで、メジャーな感じはないので大ヒットは望めないのかも知れないが、ツボを押さえた映画だった。

 ただ、やはり、シナリオの甘さや他に比べて何が勝っているかと思うと、誉められすぎのような気がする。しかし、この映画のテーマがそれほど深刻さをはらんでいれば、当事者国のアメリカや似たような境遇の国々で誉められるのも当たり前かも知れない。

« 「サルベージ・マイス」インプレッション | トップページ | 「宇宙戦艦ヤマト2199 第1章」インプレッション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ドライヴ」インプレッション:

» 映画:ドライブ Drive  L.A.を舞台に 旬のゴズリングがキメる、非常にクールなフィルムノワール。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
旬の男、ライアン・ゴズリングが主演の フィルムノワール。 L.A.を舞台に、タイトル通り Drive することに才能がある主人公を演じる。 プロットとしてはたいしたことがない犯罪もの(はっきり言って) のだが、全くそう感じさせない 非常にクールな描写。 ひとつひとつ...... [続きを読む]

» 『ドライヴ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ドライヴ」□監督 ニコラス・ウィンディング・レフン □脚本 ホセイン・アミニ □原作 ジェームズ・サリス■鑑賞日 3月31日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> これはちょっぴり予告編に騙さ...... [続きを読む]

» 「ドライヴ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「プッシャー」のニコラス・ウィンディング・レフン監督、「ラースと、その彼女」のライアン・ゴズリング主演。昼は自動車整備士とスタントマン、夜は強盗の逃がし屋を営む名もなき男が、愛する女のために命がけの戦いを挑むクライム・サスペンス。  カンヌ国際映画賞監督... [続きを読む]

» 映画:ドライヴ [よしなしごと]
 久々の映画記事ですが、今回はドライヴです。 [続きを読む]

» ドライヴ (Drive) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ニコラス・ウィンディング・レフン 主演 ライアン・ゴズリング 2011年 アメリカ映画 100分 アクション 採点★★★★ 人見知りモード発動中か嫌いな人が一緒じゃない限りは、基本的におしゃべりな私。数はとことん少ないですが、気の合う人と語り合ってる時間…... [続きを読む]

« 「サルベージ・マイス」インプレッション | トップページ | 「宇宙戦艦ヤマト2199 第1章」インプレッション »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ