« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013.03.26

2013年観た観たい映画リスト 第02版

 2月は2本だったけど、3月の視聴や予定変更もあって、まず第02版修正アップ。

 現段階で今年は途中で息切れしそうな予感も。ではリスト。少し書き方を変えてみた。

 ×:ダメダメ ▼:ダメ臭 △:それなり ○:まあまあ ◎:オススメ

 この評価は出来の善し悪しと言うよりは、映画に対しての期待値からのズレを表した物だから明らかに出来が良くても個人の期待値からするとこんな物?というのは低い。

 前のリストからの変更点。☆:追加、★:見に行けなそう(次回のリストから消失)

続きを読む "2013年観た観たい映画リスト 第02版" »

2013.03.25

「フライト」インプレッション

 遅ればせながらの鑑賞。傑作とまでは言わないが良い映画だった。

 割と足早に駄目な男ウィップ機長を描き、その後奇跡の墜落事故回避という流れだった。この墜落シーンへの流れは見事だと思う。(もしかしたらアメリカのLCCの実態に警鐘を鳴らしているのかもしれないが、知らないので共感はしなかった。「ハッピーフライト」で観てる国内大手の搭乗プロセスを観てれば、飛行機で初めてクルーがこんにちはなんてあり得ない)

 単純に薬物検査、血液検査は毎回はないけど、アルコールの呼気検査とかしてないんだろうか?と思うと怖くなった。

続きを読む "「フライト」インプレッション" »

「ジャックと天空の巨人」インプレッション

 最初は"JACK THE GAIANT KILLER"だったと思ったが、今日観たら"SLAYER"だった。

 おとぎ話の「ジャックと豆の木」の映画化だ。古典なので映像化は初めてではないだろうが大作映画として作られたことはないだろう。心に染みいって凄く感動するとか言うことは全くないが、よく出来た映画だと思った。

続きを読む "「ジャックと天空の巨人」インプレッション" »

2013.03.24

「キャビン」インプレッション

 あれだけあおった宣伝だったので拍子抜けという感じだ。

続きを読む "「キャビン」インプレッション" »

2013.03.18

「クラウドアトラス」インプレッション

 ウォシャウスキー姉弟監督と物語の構造に興味を持ったので見に行った。

 前回の「スピードレーサー」はオリジナルへのリスペクト満載である意味完璧な実写化の傑作なのだが、評判が悪かった。今作も姉弟らしくテクニカルな映像と物語なのは間違いない。

 役者はそれに応えていて、見事に演じているし、特殊効果もアナログ、デジタル双方すごい。年代毎と言うよりは複数の話を階層を行き来しながら観ていると、テーマが見えてくると言うのは気持ちの良いものなのだが、もうじっくりと見せる主軸になる話があると強くテーマが打ち出せたのではと思う。

続きを読む "「クラウドアトラス」インプレッション" »

「プラチナ・データ」インプレッション

 これだけ観たらふつうにSFっぽいミステリーだなぁというくらいの感じで終わりそうだ。キモになる部分、DNAのデータ化、それを使った支配層(成りたがり)もちゃんと描いてる。

 ただ、諸々、詰めが甘い感じがするので、いつもの号泣ラストのような流れには成らなかったし、テーマっぽいものも薄味に思った。

 この辺は映画化する際の改変が関係してるのだろう。多分尺が足りないので削ぎ落としたことが多いに違いないと観ながら思っていた。

続きを読む "「プラチナ・データ」インプレッション" »

2013.03.13

「アルゴ」インプレッション

 何はともあれ「"Argo" fuck yourself.」(笑)が耳について離れない映画だ。

 昨年の上映期間に見に行くことが出来なかった。何せ60本も観た中で、さらに忙しい時期だったのだ。見た人の話を見聞きして、悔しく思った。

 それがアカデミー賞での活躍を受けての凱旋上映を観られたのだ。ラッキーだった。

続きを読む "「アルゴ」インプレッション" »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ