« 「ワールドウォーZ」インプレッション | トップページ | 「ガッチャマン」インプレッション »

2013.08.17

「パシフィックリム」インプレッション

 すげー楽しい映画だった。おいしい事、てんこ盛り。盛りすぎて丼からこぼれてるといった感じの映画だ。

 ここまで行くと嘘付くにも大概にしろと言いたくなるものだが、もう押し寄せるおいしいネタにこっちの処理が飽和してしまう。あんなネタやこんなネタに「バカヤロー(笑)」としか言えなくなる。

 それでいて胸焼けしないで胃にももたれず、また観たくなる。すばらしい映画だ。

 アバンタイトルのジプシーデンジャーVSナイフヘッドで「チクショーカッケー」と思わされた時から負けた。とりあえず、批判はいくらでもつきあうから、少なくとも巨大ロボと怪獣の洗礼を受けた同世代には男女問わず、「観ろ!」と言いたい。いや、「観てください」か。

 自分でも分かってるし作ってる当人はもっと分かってるだろう。細かいことを言い出すときりがないのだ。けど、最も一番突っ込みたいのは「オマージュはない」って監督のコメントだけど。

 パイルダーオンにロケットパンチ、胸から火は出るし、ああ、でも海辺から出発するのはグレートかなぁとか、オマージュじゃなければ、もう染みついてるんだよなとしか言いようがない(笑)理屈をこねてリアリティを上げることもできたのだろうけど、それじゃこの面白さは出ないんだろう。

 でもこれで、海外でも怪獣映画や巨大ロボ映画を日本が求めるテイストで作れることが証明された。たった一人の監督だけかも知れないけど。コレがまた日本にフィードバックされて、影響を与えそうだし、海外でも色々広がりが出ると良いと思う。

 続くゴジラはどうかなぁ。

 こういう映画で儲かればお金も集まるし、作品数が増えていく望みが繋がる。海外作品が売れれば国内でも企画が通りやすくなるかも。「パシフィックリム」は約200億円の制作費だそうだ。国産ゴジラとかは最後の方で20億は掛かっていなかったはず。すこしでも集まれば何かできそうなんだけどなぁ。

 でも売れそうなのわかってるのに「進撃の巨人」とかが頓挫してしまうんだから、先は分からないよね。

« 「ワールドウォーZ」インプレッション | トップページ | 「ガッチャマン」インプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3645/58009519

この記事へのトラックバック一覧です: 「パシフィックリム」インプレッション:

« 「ワールドウォーZ」インプレッション | トップページ | 「ガッチャマン」インプレッション »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ