« 2013年観た観たい映画リスト 第04版 | トップページ | 「ワールドウォーZ」インプレッション »

2013.08.12

「オーガストウォーズ」インプレッション

 最初にネタバレを言っておく。

 政治や軍事に詳しい人ならタイトルですぐわかるのだと思うが、自分はわからなかった。コレは戦争映画で、8月戦争の別名を持つ南オセチア紛争についてのロシア軍の正当性をうたうプロパガンダ物だ。

 8月戦争(Wikipedia)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E3%82%AA%E3%82%BB%E3%83%81%E3%82%A2%E7%B4%9B%E4%BA%89_(2008%E5%B9%B4)
 例の宣伝の巨大ロボとはそのテロの脅威のファンタジックな象徴として使われる。

 だから、詐欺宣伝だし、観た後に後味の悪さも残ると思う。ただ、ちょっと頭のおかしいお母さんが冒頭のぐだぐだから後半、子供のために何も見えないようになっていく様がとても良くできていて、そこはとても良い映画だと思った。

 こういうレトリックというか、宣伝は日本だけなのかも知れない。本国でこういう宣伝がされて居るんだろうか?と思う。

 後半の現実と妄想が交錯するシーンではその設定が活きているし、こういう絡みあわせは「テラビシアにかける橋」(コレはファンタジーといっても良いのだが、僕らが普通に思っている剣と魔法の世界とは違うので、騙されたような気がするだろう)とか「エンジェルウォーズ」とかで割と見かける演出、作風なのだけど、初見はかなり驚いた。

 ・「テラビシアにかける橋」インプレッション
 http://ja-bow.txt-nifty.com/netvalley/2008/02/post_624a.html

・「エンジェルウォーズ」インプレッション
 http://ja-bow.txt-nifty.com/netvalley/2011/04/post-68c2.html

 ロシア軍の協力もあるため映像は安くないし、VFXも金が掛かっている。最後の交錯シーンが本当に頭がおかしくなったかのようにできれば、自分はその混沌とした感じが楽しめたのではないかと思うので、そこが惜しいと思った。

 「トスカーナの贋作」のように混沌として終わると味わい深かったように思うのだが、プロパガンダムービーだとそういうわけにはいかなかっただろう。

 ・「トスカーナの贋作」インプレッション
 http://ja-bow.txt-nifty.com/netvalley/2011/02/post-e63b.html

 色々考えるのに良い映画だった。でも、このだまし討ちのような宣伝はそろそろ止めないと、映画自身への不信に繋がりかねない。そこの所は覚えておいて欲しいのだ。

« 2013年観た観たい映画リスト 第04版 | トップページ | 「ワールドウォーZ」インプレッション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3645/57976896

この記事へのトラックバック一覧です: 「オーガストウォーズ」インプレッション:

« 2013年観た観たい映画リスト 第04版 | トップページ | 「ワールドウォーZ」インプレッション »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ