« 「サプライズ」インプレッション | トップページ | 「47RONIN」インプレッション »

2013.12.10

「攻殻機動隊 ARISE border:2」インプレション

 borderは何を指してるのかな?とか言うレベルの興味から、CATVで放送されたborder:1を観て、テレビの画面では分かりにくい、映画的な画面構成だなと思って、ちょっと劇場公開時に観られなかったのを悔やんだので、足を運んだ。
 border:1では主人公の仕組まれた混乱をこちらに体感させるために冒頭から時間軸の混乱を組み込んで、凝った演出だったので、興味惹かれた部分も多い。

 border:2はどちらかというとそういうトリッキーな演出ではなくて、筋をちゃんと追って、草薙素子の素性と他の面々をしっかりとフォローして、3Dモデリングによるデジタルアニメとして、しっかりとしたアクションを見せてくれた感じだ。

 バイクで電脳世界を迷走するシーンはトロンっぽいなぁとか思いながら観ていた。

 少しばかりアナログな背景が大画面に耐えられないところがあったけど、概ね気持ちよく観た。

 井坂深紅郎:ウェザー・ドーパント役でなじみのある檀臣幸の遺作になったのかな?
P.S. あ、結局borderが何かは分からずじまいだ。

« 「サプライズ」インプレッション | トップページ | 「47RONIN」インプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「攻殻機動隊 ARISE border:2」インプレション:

« 「サプライズ」インプレッション | トップページ | 「47RONIN」インプレッション »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ