カテゴリー「グルメ・クッキング」の38件の記事

2011.02.23

「フードインク」インプレッション

 鑑賞の時機を逸してしまって、観られないかと思ったが、さすがに首都圏は他にやってくれるところがあった。ようやく観られた。

続きを読む "「フードインク」インプレッション" »

2010.06.11

食べ物メモ20100611「コメダ珈琲店」

 以前名古屋に行ったときふらっと入った「コメダ」、何というか庶民的でありながら小奇麗で良い店だ。

 そこコメダが東京にあるのを知ったのはいしかわじゅんの"つぶやき"の所為。

Ca3b0086

続きを読む "食べ物メモ20100611「コメダ珈琲店」 " »

2010.06.10

食べ物メモ20100610「ラーメン二郎相模大野店のつけ麺」

 先日どうしても朝から二郎な感じで、矢も楯もたまらず、用事のある町田の隣、相模大野の「ラーメン二郎」へ。

 その日は初めてのつけ麺としゃれ込んだ。

Ca3b0087

続きを読む "食べ物メモ20100610「ラーメン二郎相模大野店のつけ麺」 " »

2010.06.09

食べ物メモ20100609「可以」

 渡辺樹庵の新店、可以が神保町にオープンして久しい。まだ味見していなかったので先日、足を伸ばした。ラーメン二郎神田神保町店、覆麺の近所。知らぬうちにラーメン激戦区と成っている神保町交差点のそばだ。

 可以の話はオープン前に町田の「基」で聞いて、味噌味の新店舗だと知っていた。

Ca3b0082

続きを読む "食べ物メモ20100609「可以」 " »

2010.04.28

食べ物メモ20100428「ラーメン二郎 京急川崎店」

 川崎に行ってきたんで初めてのカワジ。

 何度も行ってるんだけど、二郎の時間にあわなかったので、これが初めてになった。今の店舗は意外と遠いのね(笑)

Kawaji

続きを読む "食べ物メモ20100428「ラーメン二郎 京急川崎店」" »

2010.01.27

食べ物メモ20100120「初代丸源」

 楽しみにしている食べ物ブログ「いろいろ食べたよ」<http://tabetayo.exblog.jp/>で取り上げられていた「丸源」<http://www.syodai-marugen.jp/>が出先の傍にあったので、食事。

 いろいろ食べたよ「丸源の肉そば食べた!ヽ(´ー`)ノ」
 URI= http://tabetayo.exblog.jp/12547049/

 個人的には関西の肉うどんを濃くしたスープにラーメンの麺が入ってるのかなという印象だった。

Marugen_dokkannegi

続きを読む "食べ物メモ20100120「初代丸源」" »

2009.12.28

食べ物メモ20091229「博多 元助」

 何時食べたんだったっけな。福岡に行ったとき、福岡のキャナルシティの一番上にあるラーメンスタジアムのお店で食べた。

 決して不味くはないのだが物足りないというのが印象だ。というのはコレだというぴんと来るものが無い。

Hakatatukemen0912

続きを読む "食べ物メモ20091229「博多 元助」" »

2009.10.30

食べ物メモ20091030「AFURIと覆麺」

 新しく行ったラーメン屋を2件紹介。

Ca3b0028

 一件は原宿駅から「LOOPWHEELER」の方へ歩く途中にある店「AFURI」小ジャレたラーメン屋だけど、つけ麺(甘口)を食べた。

 甘口とは行っても唐辛子の粒は見えるので、甘辛い感じなんだけど、味はまあまあだった。首都圏にチェーン店がある「空海」のつけ麺の味に似ている。

 細い麺だがフィットチーネ見たいに平たい麺で口当たりはつるりとして良い。原宿もラーメン有名店が多数有るので立地的にも苦しいかも知れないけど、個人的には選択肢の中に残って欲しいなぁ。

続きを読む "食べ物メモ20091030「AFURIと覆麺」" »

2009.07.25

お化けメモ20090725「絵解きの楽しみ」

 お化けの好事家の人は絵解き好きな人も多いと思う。単に伝承だけではなくて絵の中にキーワードをや風刺を閉じこめたお化けの絵は多いし、そのものがキャラクターとして情報の固まりだったりする。

 一方、絵だけには限らないがどんどん孫引きされるに当たって現代のようにコピー機がある訳ではないので情報劣化というか、逆に足されたりもして変質していった過程を見ることで色々楽しいこともある。

 その辺がお化け好きには溜まらなかったりする。

 そんなおり、「百鬼夜行絵巻」の展示が2箇所で行われると知って是非みたいと思った。

続きを読む "お化けメモ20090725「絵解きの楽しみ」" »

2009.07.06

食べ物メモ2009.07.04「六厘舎TOKYO」

 元祖に当たる大勝軒は別格として、東京でもっとも有名なつけ麺屋というと「六厘舎」を上げる人が多い。自分は食べたことがなかったのだけど、唯一の店舗であった大崎の店は行列が絶えないとの話だ。

 その「六厘舎」が東京駅に支店を初出店したのが「六厘舎TOKYO」だ。

 三沢のお別れ会の後、立ち寄って思い出して、又並んだ。店のあしらいも悪く1時間待ちだった。動作の緩慢さや手待ちで複数人が構えている状況を見ると本当にイライラしたが、フロア係のお姉ちゃんが見事に采配振るって席に着いた。

 で、肝心の付け麺。これは大盛だ。

Rokurinsha_t

続きを読む "食べ物メモ2009.07.04「六厘舎TOKYO」" »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter


BOOK LUCK!

無料ブログはココログ